MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

借金相談ナビ

借金相談は公的な機関である国民生活センターや地方自治体などでも相談が可能です。
債務整理をするということになると司法書士や弁護士を利用することも可能です。
基本的にほとんどの場合は無料で借金相談を受けてもらうことが可能です。

 

 

 

目次

 

借金相談とは

 

借金相談

 

世の中はお金がなくては生きていくことが出来ません。
しかし、誰しもがお金に余裕を持って生きているわけでもありません。
どうしても欲しいものがあった時やどうしても都合をつけないといけないお金が必要となった時はどこからかお金を調達してこなくてはいけないのです。
そんな時に手軽にできてしまうのが借金です。
借金はあっという間に作ることが可能で、あっという間に膨れ上がります。
借金はクレジットカードや銀行、消費者金融など身近にあるところから簡単にできてしまいます。
無事に返済を出来ているうちは良いのですが、滞ることとなると悩みは深くなってきます。
終いにはどうあがいても借金を返済することが不可能となり苦境に陥ることになります。
そんな時には一人で悩みまくってもほとんど解決が出来ません。
どんどんぬかるみにハマっていくことになります。
そうした時に利用したいのが借金相談です。
借金相談は公的な機関である国民生活センターや地方自治体などでも相談が可能です。
債務整理をするということになると司法書士や弁護士を利用することも可能です。
基本的にほとんどの場合は無料で相談を受けてもらうことが可能です。
まずは、自分で人知れず悩むのではなくこうした機関に相談することから始めましょう。
基本線としてどんな事情であっても解決策が見つかるのです。

借金相談をして最終的に債務整理を行うことになったとしても仕事に影響が出ることもありませんし、家族に悪影響を及ぼすようなこともありません。
借金相談することで借金の悩みを解決できる素人ではわからないような方法がそこには存在しているのです。
借金で悩むのは多くの場合、自分自身が原因で多重債務に陥ることから始まります。
その点は自分でも理解できるので自分一人で何とか解決をしようと思ってしまうものです。
しかし、そんな時こそ借金問題の専門家に借金相談をすることで思いもよらない良い方法で解決できることが多々あるのです。
多くの人がもっと早く相談すれば良かった。
そう思うのは真実なのです。

 

知らない間に借金は出来てしまう

 

借金相談

 

世の中はお金で回っています。
どれだけ綺麗事を言ったとしてもそれは変えようがない事実です。
特に贅沢をしていなくても、どのようにやりくりをしたとしてもお金が足りなくなるタイミングというのは生まれてくるものです。
住宅ローンや子供の教育費などがかさんでいるような時期は日々、生活に追われている感覚でとても貯蓄など出来ないと思っている人も多いのではないでしょうか。
そんなときに限って追い打ちをかけるようにお金が必要になるようなことが起こるというのもありがちな話です。
こんな状況下にあれば誰しもお金を借りるという選択をしてしまいます。
借金をするのは簡単です。
それが家庭の事情だろうが遊興費に使おうが関係ありません。
簡単に銀行や消費者金融などから借金を作ることは可能なのです。
借金をしても返済が滞りなく出来ているのであれば特に気にすることもないでしょう。
そのまま完済に向けて計画的に生活をしていけばよいのです。
ところが生きていると思いもよらないことも起こるものです。
会社の倒産やリストラ、給料の減額など何が起こっても不思議ではない時代だとも言えるのですから。
そうなると借金の返済も難しくなってきます。
悩み苦しむことになるでしょう。
そんな際には一人で抱え込まずに借金相談をしてみることです。

それは身内の人間でも良いでしょうし、公の機関でも借金相談をすることは可能です。
借金を整理して復活したいと本気で考えるのであれば弁護士や司法書士に借金相談を持ちかけることも可能なのです。

 

借金相談する人の特徴

 

借金相談

 

借金をするということは今あるお金では足りないから借りるのだと言えます。
普通に生活をしていても現実的に生活が苦しいので借金をする人もいるでしょう。
しかし、簡単に借金をしてしまう人にはいくつかの特徴があります。
生活が苦しくなっているのも自分自身の生活態度に問題がある人も存在しているのです。
借金相談を弁護士などにしてくる最も典型的なパターンの人はギャンブル好きな人です。
ギャンブルで儲けることが出来るなどと思ってはいけません。
結局は負けを繰り返し借金を重ねていくのです。
心理的に追い込まれやすいまじめな人も注意です。
借金の返済日を気にしすぎて返済をするために他から借りてくるという悪循環に陥りやすい傾向にあります。
浮気をする人も借金を重ねます。
欲望の達成のためにお金を使って借金を重ねるのです。
欲しいものはどうやってでも手に入れたいと思ってしまう人、分相応に生きることが出来ない浪費癖がある人も要注意です。また、見えを張る人も借金を重ねます。
自分をよく見せようとしてお金がないのに良い格好をしたがり借金を重ねていくのです。
借金はできればしないほうが良いに決まっています。
それを正当化しようとする人、借金はして当たり前という気持ちのある人も危険だといえるでしょう。
これらの人は借金を簡単に作る可能性が高いと言えます。

苦しくなって弁護士などに借金相談をするのもよいのですが、まずは身近な人に借金をしていることを打ち明け、違う意味での借金相談をして叱咤激励を受けたほうが良いかもしれません。

 

借金相談は誰にする?

 

借金相談

 

借金をして返済がきっちりとできている間は何も問題はありません。
ところが、借金を繰り返していくとそのうちに必ず支払いを継続していくのが難しい場面が出てきます。
いくつも借金をして最終的には多重債務に陥っていくというパターンになります。
借金の悩みは深刻です。
誰にでも簡単に相談できることでもないので抱え込みがちになってしまいます。
ちゃんと借金相談をできる人が近くにいないと、それこそ心の病にかかってしまうこともあるのです。
借金相談と言っても知人に話をして借金を申し込みなさいということではありません。
現状をしっかりと把握してもらって今後、どのようにして返済をしていくのか生活のメドを立てていくのかをアドバイスしてもらえるような人に話を聞いてもらったほうが良いということです。
借金がかさみ多重債務に陥ってしまい自分でも解決の道筋さえ見当たらないということなら借金相談を弁護士や司法書士にしてみましょう。
特に借金問題を専門に扱っている弁護士や司法書士に話をしてみるのです。
弁護士にしても司法書士にしても日常生活ではかなり疎遠な人たちとなりますが、こうしたときには適格なアドバイスをしてもらえる可能性が高くなります。
気になる料金も基本的には無料で行ってもらえます。
お金に困って相談に来ているのですから、そんな人からお金を取ることは出来ないことはわかっているのです。
借金相談はとにかくプロに相談してみることから始めることが最も適格な選択だと言えるのです。

 

借金相談は無料で!

 

借金相談

 

借金のことで悩みだすと、どんどん悪いほうに考えたりメドを付けることが出来なくてぬかるみにハマるように落ち込んでいきます。
それこそ仕事なども手につかないような状態になることもあります。
借金相談を誰に出来るでもなく一人で悶々と悩みまくる人が多いのです。
しかし、悩んでいても何の知識もない素人が妙案を思いつくはずもありません。
結局は毎日同じことを考えてやがてやってくる返済日を前にしてあたふたとするのが目に見えています。
借金問題で悩みだしたらとにもかくにも専門家に借金相談をするようにしましょう。
借金相談の専門化とは弁護士や司法書士となります。
こうした専門家に相談しようと思うと誰しもが思うのはお金がかかるというイメージです。
ですが、現在では弁護士にしても司法書士にしても借金相談を持ち掛けても基本的には無料で話を聞いてくれます。
まずは現状を話してどうするべきなのかのアドバイスを受けるようにしましょう。
自分では整理できなかった問題点を明確にできますし、自分では気が付いてない今後起こるであろう問題点をも指摘してもらうことも可能なのです。
現状を打破するのにはどのような方法があり、費用がどの程度かかり期間がどの程度必要なのかもはっきりと話してもらうことも可能です。
誰にも相談できなかった借金相談が無料でできて、やるべきことも見えてきてメドを立てることも可能になってくるのです。
専門家に相談をすることで自分の未来を立て直すことも可能なのです。

 

司法書士と弁護士、どちらに借金相談?

 

借金相談

 

借金相談を借金問題の専門家にする場合は弁護士か司法書士に相談をすることになります。
弁護士と司法書士では明らかに職業も違います。
いったい自分の場合はどちらに相談をしたらよいのか迷ってしまうことになる人もいるでしょう。
借金相談を弁護士や司法書士に行うと債務整理の話が出てくることもあります。
現状ある借金を法律に基づいて減額もしくは全額免除できる方法がないか探るのです。
実際に債務整理を行っていく場合には司法書士には扱える限界が存在しています。
司法書士の場合は借金の額や過払い金の額が140万円を超えてしまうと取り扱いが出来ないようになっているのです。
また、自己破産などの場合は代理人になることは出来ないので司法書士だけでは取り扱いが出来ないのです。
弁護士の場合はどのような案件であっても取り扱うことが可能となっています。
どんな場合でも交渉権や訴訟代理権を持っているのです。
これらから見て、借金相談をするのでれば、その額が100万円程度の物であれば司法書士でも良いのですが大きな額の借金があるのなら弁護士に相談をしたほうが良いと言えるのです。
費用的には司法書士に依頼をしたほうが安く済む傾向にはあるようです。
いずれにしても弁護士でも司法書士でも借金相談をするのはほとんどの場合が無料です。
弁護士や司法書士なら誰でも良いというのではなくネットなどで良く調べて借金問題に強い人に依頼をするように心がけたほうが良いでしょう。

 

公的な借金相談窓口

 

借金相談

 

借金問題は専門家に相談するのが良いと言われても、弁護士や司法書士のところに行くのは敷居が高いと思う人もいれば、そもそもどこの弁護士や司法書士に借金相談をすれば良いのかわからないという人もいるものです。
そんな人は先ず公的な機関へ相談をするという方法もあります。
自分が住んでいる市役所や区役所で開催される借金問題に関する相談会に参加するのも良いことです。
弁護士や司法書士も参加していますので有意義な時間を過ごせます。
消費生活センターを利用することも可能です。
多重債務や借金の返済などに関しての借金相談も受けつけているのです。
消費者ホットラインという窓口を利用する方法もあります。
利用は電話で行えますので時間がないという人には向いていると言えます。
対応してくれるのは地方自治体もしくは消費生活センターの窓口となります。
借金相談や法的なトラブル問題が絡んでいるような場合は法テラスを利用すると良いでしょう。
法テラスは法的支援を行うことを目的としており借金問題の専門家である弁護士や司法書士の紹介や必要となる費用の立て替えも行ってもらうことが可能となっています。
このようにいきなり弁護士や司法書士のところに出向くことに抵抗がある人でも公的な機関が窓口を開いてくれています。
一人で悩んでも何も解決することはできません。
事を大げさにしたくなくて誰にも相談しない人もいるようですが、今のままでは何も変わらず泥沼に落ちていくだけです。
ぜひとも積極的に公的な機関も利用してみましょう。

 

多重債務と借金相談

 

借金相談

 

多重債務とは複数の銀行や消費者金融などから借り入れを行い、借金苦に陥っているような状態を指すのですが多重債務に陥る原因はホイホイとお金を貸す消費者金融などにも問題があるのですが根本的には借りる側に最も問題があるといえます。
返済できる能力以上の借金を繰り返していること、何とかなるという安易な考えが多重債務を引き起こしているのです。
貸金業法の改正で総量規制という縛りが出来たため確かに昔よりは状況はマシになっているとは言いますが、それでも多重債務で苦しんでいる人は数多く存在しているのです。
多重債務も元々は1軒からの借金から始まっているはずです。
思ったよりも簡単に手続きが行えて容易に借金を繰り返すことが出来るので金銭感覚がおかしくなり借りたお金なのに自分の持っていたお金のような扱いをしてしまい借金が膨らんでいくのです。
そのうちに返済に困るようになり他の消費者金融などにも手を出していくという悪循環を繰り返していくわけです。
多重債務に陥ると脱却するのは相当に難しいと言われています。
多くの場合、自転車操業でさえ無理に近い状態に最終的には陥ることになります。
そんなときには諦めたり開き直ったりする前に借金相談を借金問題の専門家などに相談をするようにしましょう。
自分一人で悩んでもどうにもならないですし解決できる道筋も全く見つからないのです。
借金相談を行えば適切な対処法もきっと見つかりますし知らなかった方法で現状を打破できることもあるのです。
悩むなら借金相談をすぐに行なうことが最良の選択といえるのです。

 

借金返済の方法

 

借金相談

 

銀行や消費者金融などで借金をした場合には必ず返済を行わないといけません。
借金をする際には契約を行うことになりますので返済の方法などは予めしっかりと理解をしておかなくてはいけません。
銀行や消費者金融などで実際に採用されている一般的な返済方法にはどのようなものがあるのでしょうか。
最もポピュラーで簡単な返済方法は一括返済方式です。
借りたお金を返済期日までに利息を加えて一気に返済する方法となります。
利息の負担は少なくて済むのですが返済額が大きいというデメリットがあります。
分割返済方式は予め決められている回数で借金を割って、それに利息を加えたものを毎月支払っていくということを繰り返していく方法となります。
毎月の返済額が少なくなり負担を抑えながら返済が可能ですが返済期間が長くなるので利息の金額が大きくなってくるデメリットがあります。
最近、カードローンなどで主流になっている返済方法がリボルビング返済方式という返済方法です。
毎月の返済額が一定で返済計画を組みやすいのが特徴ですが利息の負担が大きく、返済をしてもなかなか完済まで辿り着けない可能性があります。
どの返済方法であっても不都合が出てきたら先ず、借金をしている消費者金融などに返済方法の変更などの借金相談をしてみましょう。
一括返済から分割返済への変更など提案をしてもらえるはずです。
それでも、返済が滞ることになるのなら迷わず専門家に借金相談をしましょう。
迷っても何も状況は変わりません。
借金相談をすることは何も恥ずかしいことではないのです。

 

借金返済と利息に関して

 

借金相談

 

借金をして返済を毎月繰り返していくような場合に大きな負担となってくるのが利息です。
借金相談をする人の多くも結果的に利息で苦しんでいると言っても良いのです。
利息の支払額は当然ながら少ないほうが得となります。
何となく毎月決められている支払額を返済していくのではなく利息に関しても理解を深めておくとより一層有利に返済をしていくことが可能となることもあるのです。
借金の返済時に組まれる毎月の返済額を決める返済方法には一般的に2つの方式があります。
一つは元利均等返済方式となります。
毎月の返済額が一定となり、その内訳は元金と利息部分の合計が返済が完了するまでずっと一定になるように利息計算がされることとなります。
返済額が一定で毎月の返済は比較的楽に行えるのが特徴ですが、返済開始時には返済金額のかなりの部分が利息分となり元金がなかなか減らないというデメリットがあります。
返済期間は長期になる可能性が高く利息負担分も大きくなってきます。
もう一つの方式が元金均等返済方式と言われるもので文字通り元金部分の返済が毎月一定となる特徴があります。
利息は残高にあわせて計算されることになります。
元利均等返済方式とは違い元金が毎月一定額減っていくので利息分の負担も少なくなる特徴があります。
ただし、毎対の返済額は大きくなる可能性があります。
このように利息分をどう扱うかで総返済額も変わってきます。
どちらにも一長一短があると言えます。
返済が滞り借金相談を専門家にするような事態にならないためにも自分に適した返済計画を立てることが重要だといえます。

 

借金相談をして借金を返済していくコツ

 

借金相談

 

借金をしたら必ず返済時期がやってきます。
何も気にしないで返済がずっとできているのなら良いのですが、返済することが厳しくなって来たらいくつかの点に気をまわしてみましょう。
返済が厳しくなっても返済の期日はやってきます。
少しでも余裕を持って返済が行えるように今までの生活を見直して節約を意識しましょう。
見直してみると意外と無駄に費やしている費用というものはあるものです。
また、一時的でもお金に余裕が生まれるようなタイミングがあれば出来る限り繰り上げ返済を行うようにしましょう。
ボーナスなどが入ってくる人なら、その時期は絶好の繰り上げ返済のタイミングだと言えるのです。
繰り上げ返済をすると元金が減ります。
結果として利息分も減ることになるので早期に完済が見込めるメドが立つことになるのです。
多重債務の状態になっているのであれば借金を一本化することを考えましょう。
現状よりも金利が低い業者に借入先を一つにまとめて返済を1本にしてしまうのです。
毎月の返済額も減りかなり楽になるはずです。
これらの一連のことを全てやってみても借金の苦しみから解放されないということなら借金相談を考えましょう。
借金相談を借金関連の専門家である弁護士や司法書士に行いましょう。適切なアドバイスももらえますし場合によっては債務整理を行うことになるかもしれません。
いずれにしても借金相談を行うことで現況の生活から脱出することが可能になる可能性が高まるのです。

 

借金相談と債務整理

 

借金相談

 

借金の返済がどのように考えても何をやっても見通しが立たないということなら債務整理を行うという方法があります。
債務整理は文字通り借金を整理することで借金の減額や免除の申請を行うことが可能です。
債務整理は借金相談を司法書士や弁護士などの専門家に相談することにより行われます。
専門家の目から見ても債務整理しか借金返済のメドが立たないと判断できる場合に債務整理は行われることになります。債務整理には任意整理や民事再生、自己破産などの方法がありますが、どの手段が良いのかは司法書士や弁護士に借金相談をしながら最良の選択を行っていくことになります。
債務整理は自分を立て直し生活を立て直すための法律で決められた有効な手段です。
部分的に借金を減額出来たり、住宅を手放さずに借金を減額出来たり、全く借金を免除することも可能となっています。ただ、債務整理もデメリットがないわけでもありません。
債務整理を行うと金融機関のいわゆるブラックリストに載ってしまい一定期間は借金ができなくなったりクレジットカードなどの作成も難しくなります。
場合によっては官報に載ることもありますし、借金に保証人が付いていると保証人に多大な迷惑をかけることになります。
また、一時期にせよ特定の職業には付けなくなる債務整理の方法もあります。
メリットもデメリットも存在している債務整理となりますので司法書士や弁護士にしっかりと借金相談をして決めていきましょう。

 

借金相談と過払い金

 

借金相談

 

過払い金という言葉を聞いたことがある人も多いことでしょう。
テレビのCMでも流れるほどですので言葉だけは知っている人もいるのです。
過払い金に縁のある人は消費者金融などからお金を借りたことがある人です。
特に多重債務で苦しんでいる人は大いに関係あるかも知れません。
現在は貸金業者がお金を貸す場合の上限金利は18%となっています。
しかし、過去において貸金業法が改正される以前においては18%以上の金利でお金を貸していた消費者金融などが数多く存在していました。
いわゆるグレーゾーン金利という概念が存在し、まかり通っていたのです。
これは現在では違法な金利をかけてお金を消費者に貸していたことになります。
そのため、過去にさかのぼり上限金利以上の金利でお金を貸していた取り過ぎていた金利分に関しては消費者が請求することで取り返せるようになっています。
この取り返せる払い過ぎていた金利分を過払い金というのです。
過払い金請求は司法書士や弁護士に借金相談をすることで各貸金業者に請求をすることが可能です。
多重債務の人で昔から多くの消費者金融から借金をしていた覚えのある人は取り返せる過払い金が発生する確率が高いと言えます。
借金の返済で悩んでいる状態ならまずは借金問題の専門家である司法書士や弁護士に借金相談をしてみましょう。
人によっては100万円以上も取り返せる人も出ています。
借金相談してみて損はないというわけです。
なお、過払い金請求は10年で時効になりますので注意が必要です。

 

借金相談と任意整理とは

 

借金相談

 

多重債務などで借金の返済に追われてどうしようもなくなった場合には債務整理を検討するという方法もあります。
借金を整理して正常な生活ができるように立て直していくのです。
債務整理にはいくつかの方法がありますが、その中でも任意整理は裁判所などを通すことなく行える方法でやろうと思えば自分自身で手続きを進めていくことも可能ですが、不慣れな手続きを進めて時間をかけるよりも司法書士や弁護士に借金相談をするほうが良いといえます。
任意整理は借金をしている消費者金融などから整理をするべき借入先を選んで行うことが出来ます。
特定の消費者金融に対して借金の減額が出来ないかを検討していくのです。
どこの消費者金融を選択するかは司法書士や弁護士との借金相談の際に決めていけばよいのですが、基本線は金利が高いところやグレーゾーン金利で未だに返済をしているようなところが対象となります。
自分自身で交渉をするようなことは一切なく司法書士や弁護士に手続きは任せておけばよいのですが、流れとしては対象である消費者金融と弁護士などが交渉を行い過払い金の精算や今後の返済額や返済方法などを決めていくことになります。
長きに渡り消費者金融から借金をしていた人などはほとんどの場合は過払い金が出てくることとなりますので、過払い金は元本に充当したり金額が多い場合はお金が戻ってくることもあります。
支払いが残るとしてもベースとしては利息はつかずに減額された残債を毎月支払っていくことで終わるのです。
自分自身は司法書士や弁護士に借金相談をするだけで表立って出て行くことも一切ありません。

 

借金相談と民事再生とは

 

借金相談

 

借金を抱えて多重債務に陥っている人の中には借金の額がかなり大きな人もいます。
そんな場合は債務整理を行うのであれば任意整理を行うよりも民事再生を行う方が良い場合もあります。
その判断は弁護士に借金相談をした際に判断をしてもらえば良いことになります。
民事再生というと法人が行えるものというイメージがありますが個人が行える個人民事再生というものがあるのです。
民事再生を行うとかなりの額の借金の減額を行うことが可能となります。
そして、その大きな特徴は個人にとっては大きな財産である住宅を手放すことなく借金の減額が出来ることです。
ただ、住宅ローンが残っている場合はその分は減額の対象とはなりません。
住宅ローンは今まで通りに支払っていってその他の大きな借金を大幅に減額することが可能となっているのです。
その意味において個人民事再生が行えるのは今も未来も安定した収入が入ってくると見込める人しか利用することが出来ないことになります。
弁護士と借金相談をして弁護士を代理人に立て債権者と減額交渉を行ってもらうというものとなります。
返済期間は3年と決まっています。
短いようにも思えますが相当の額が減額になりますので生活自体は大幅に持ち直すことが出来るといえるのです。
民事再生を行うと一定の期間は新たにローンを組んだり銀行や消費者金融などから借金をすることはできません。
それでも弁護士に借金相談をすることで民事再生が出来て大きな財産である住宅を手放さなくても良いのですから大きなメリットだといえるのです。

 

借金相談と自己破産とは

 

借金相談

 

弁護士に借金相談をしても借金が多過ぎて何の手立ても見当たらないということになると債務整理の中でも自己破産しか残る道はありません。
自己破産というと聞こえもよろしくないので自己破産だけはしたくないという思いの人もいるようですが、しっかりと借金相談をして他に選択の余地がないのであれば仕方がないことですし、間違いなく安穏の日々が訪れてくるので悪い方法でもないのです。
自己破産を行うとそれまで抱えていた全てにおいての借金がなくなります。
借金に追われる生活から開放されるのです。
ただし、持っている財産である不動産や自家用車などの大きな財産はすべて没収されます。
ぞのため、財産を多く持っている人であるのなら自己破産以外の債務整理を考えるべきだと言えるのです。
自己破産を行うのであれば弁護士を立てる必要があります。
司法書士では受付できないのです。
弁護士が裁判所に申し立てを行い裁判所から免責を受けるということになるのです。
申立ての理由が不当であると見なされた場合は裁判所が免責を認めないこともありますので、細かい点は弁護士と借金相談をする際にしっかりと確認をしておきましょう。
自己破産の手続き中には特定の職業には就けないという規定もありますので確認もしておくべきでしょう。
弁護士と借金相談をして自己破産を行うと借金は確かに全てなくなります。
同時に社会的な信用も失うのだということは理解しておくべきでしょう。
一定期間は銀行からも消費者金融からも借金ができません。
それでも自己破産後に得る収入は何ら制約を受けることもありませんので安定した生活を送ることも可能なのです。

 

借金相談と特定調停とは

 

借金相談

 

いくつかある債務整理の方法の中でも特定調停というのは最も聞きなれない言葉かもしれません。
仕組み的には任意整理とかなり似ています。
そのため、特定調停を行うことで過払い金が発生してくることもありますし、返済額が大幅に減額になることも期待できます。
複数ある債務のうち自分で整理したい債務を選択して交渉していくことが基本線となるのは任意整理と同じです。
任意整理が基本的には借金相談の後に弁護士や司法書士が中に入って段取りよく進めて行ってくれるのに対して特定調停は弁護士や司法書士などが絡んできません。
そのため、借金相談をすることなく全てにおいて自分自身で処理をしていかなくては行けないものとなるのです。
間に入るのは簡易裁判所で簡易裁判所に届け出を自分で行うことで成り立つのが特定調停となるのです。
時間に余裕があり忍耐力のある人は弁護士費用などが不要となりますので安価に手続きを進めて行くことが可能だと言えます。
しかし、サラリーマンなど普通に仕事を持っている人は時間に余裕などないでしょうからかなり無理があると言えます。
借金相談などをせずに不慣れなことを行うのですから当然、任意整理よりも時間を要すると思っておいた方が良いでしょう。
特定調停が行われた後はかなり借金も減額となりますが減額後の返済に関しては3年以内となっています。
万が一にも返済が滞ることとなると間に入っているのが簡易裁判所ですので直ぐに差し押さえが入るので注意しましょう。

 

借金相談と債務整理のメリット

 

借金相談

 

借金を抱えている人はそれこそ数多くいるでしょう。
順調に返済が出来ていてこの先も予定通りに返済の見込みが立っているのであれば何も問題はありません。
そうではなく多重債務に陥いる、精神的にも参っているということなら債務整理を行うタイミングも考えなないといけないかもしれません。
借金相談というものは身内や友人にでもしにくいものです。
抱え込んでいても何も変わらないので先ずは司法書士や弁護士に相談をすることかた始めなくてはいけません。
そこで提案されるのが債務整理です。
債務整理にはいくつかの方法がありますが共通しているメリットは何と言っても借金問題で悩むことがなくなるのが最大のメリットだと言えます。
自己破産に関してはそれそこ借金が全くなくなるのですからこの点が最大のメリットだと言えます。
任意整理や特定調停に関しては借金相談を積極的に行うことで過払い金が発生する可能性があります。
過払い金は返済の元本に充てることも可能ですし、場合によっては払い過ぎたお金が手元に戻ってくることもあります。
これは大きなメリットだと言えるでしょう。
民事再生に関しては大きな額の借金がある人が利用できるのですが住宅などの資産を失うことなく借金の整理が借金相談を弁護士に行うことで進めて行くことが出来ることがメリットです。
任意整理に特定調停、民事再生に関しては借金がなくなることはありません。
かなりの減額にはなるものの返済は続きます。
債務整理後は二度と借金で悩まないように計画的に生活をしていくことが重要なのです。

 

借金相談と債務整理のデメリット

 

借金相談

 

司法書士や弁護士に借金相談をしながら行っていく債務整理ですが何もメリットだらけということでもありません。借金が帳消しになったり減額になったりするのですから相応の対価というべきものも発生してくるのです。
自己破産は弁護士と借金相談をしたうえでも最後の選択とも言えるものです。
全ての借金はなくなりますが持っている資産はすべてなくななると思っておいたほうが良いでしょう。
これはデメリットだとも言えるでしょう。
裸一貫からやり直すくらいの気持ちが必要なのです。
自己破産と民事再生に関しては公に公表をされます。
官報に載るのです。ただ、一般の人は官報などを目にする人はほぼいないでしょうから気にし過ぎる必要もないかもしれません。
また、任意整理を含めたすべての債務整理に関してのデメリットは一定の期間において銀行や消費者金融などから借金をすることが出来なかったりクレジットカードを作成することができない期間が設けられることです。
期間に関しては銀行や業者によって違いがあり必ずこの期間というものはありませんが概ね5年から7年と言われています。
自己破産などの場合ですと二度と利用できない業者なども発生するようです。今まで平気でカードを作ったりローンを組んだりお金を借りたりできたものが、全くできなくなるのですから不便に思うかも知れませんが借金相談をして債務整理をした身です。しばらくは借金を軽々しく出来ないような立場に置かれるほうが良いのかも知れません。

 

借金相談前に準備しておくこと

 

借金相談

 

多くの借金を背負ってしまいどうしようもなくて借金相談を司法書士や弁護士に行うのであれば事前に準備しておきたいことがあります。
それはお金などではありません。
基本的にはお金などは全くなくても無料で借金相談は可能だと思っておいて良いでしょう。
準備したいことの一つは借金の状況を把握しておくということです。
どこからどれだけのお金を借りていてどの程度返済が終わっているのかということです。
借入先が1軒なら書き出すまでもないでしょうが借金相談をするくらいですので恐らく多重債務になっているのではないかと思われます。
メモ用紙でも構わないので話をスムーズに持っていくためにも書き出しておきましょう。
その際、どのような経緯で借金苦で悩むようになったのかも話を出来るように準備をしておきたいものです。
すでに返済が終わってしまっている消費者金融なども借りていた金額と借りていた時期をできるだけ書き出しておきましょう。
過去の借金であっても過払い金が戻ってくる可能性もありますのでメモに書き出しておくことは損のない話なのです。
また、借金相談に来ているということは毎月、お金が回らないようになったから来ているはずです。
1か月の収入や支出の状況も整理してまとめておきましょう。
きっちり整理をしてみると1か月でいくらマイナスとなっているのかがよく分かると思います。
それを基にどのような手立てで現状の借金まみれの状況から脱却をするのかを決めていくことになるのです。

 

借金相談の際に心得ておきたいこと

 

借金相談

 

借金相談を司法書士や弁護士にするための準備が出来たら、いよいよ借金相談を実際に専門家にすることになります。
日ごろ縁があるような職業の人たちではないので緊張をしたり構えてしまうこともあるかも知れません。
それでも悩んでいる内容を包み隠さず全部話してしまおうとすっきりとした気持ちで向かうことが大切です。
現状の苦しい状況から脱却を出来るかもしれないのですから希望をもって向かって行っても良いのです。
借金相談を司法書士や弁護士に話をしていくと最終的に何らかの依頼をすることも出てくる可能性もあります。
事によれば急いだ方が良いこともありますので印鑑は必ず持参しましょう。
シャチハタは不可ですので注意しましょう。
基本的に借金相談を受けてくれる司法書士や弁護士は味方になってくれる人です。
債務整理をするにしても自分に代って動いてくれる人です。
相談の内容は決して嘘のないように話をしましょう。
話したくないようなことでも借金が出来た原因と絡んでいるのなら全部話さないといけません。
嘘をついたり言葉が足らずに話を進めてしまうと後に後悔するのは自分です。
できたはずの債務整理ができなくなったり、裁判所から認可を受けられなくなったりすることもあるのです。
ただ、借金相談をしたからと言って必ず契約をしないといけないことはありません。
自分にあった人が見つかるまで行動をしても構いません。
それでも、一度お願いしたら依頼先を変えるようなことは避けましょう。

色々な人に迷惑をかけることになりますし手続きが遅れてしまい結局は自分が損をしてしまうこともあるのです。

 

借金相談をする時の注意点

 

借金相談

 

借金相談をするには司法書士や弁護士に依頼をするのが最も適切だと言えます。
無料で相談を受けてくれますし債務整理などを行うのであれば手続きなどをスムーズに進めて行くことが出来るからです。
しかし、実際は司法書士にしても弁護士にしても何も借金問題ばかりを扱っているわけではありません。
その他にも取り扱う分野はとても多く、すべての司法書士や弁護士が借金相談を受けて債務整理を行っていくことが得意だとは限らないのです。
もちろん、どの司法書士も弁護士も債務整理を依頼主に代って手続きを進めて行く権利は有しているのですが、借金問題ならなんでも対処できるという人ばかりではないのです。
医者が内科や外科などの専門分野があるように司法書士や弁護士にも専門得意分野が存在しているということなのです。そのため、借金相談を行うのであれば闇雲に司法書士や弁護士を探して適当に依頼をするのではなくて借金問題、特に債務整理に関して得意としている司法書士や弁護士を探すように心がるようにしなくてはいけないのです。
債務整理を得意にしている専門家に依頼をすることが出来ると、あらゆるイレギュラーな事態が起こっても的確に対処をしてくれます。
頼もしい味方になってくれるのです。
債務整理に強い司法書士や弁護士を探すにはネットで検索して探していくと良いでしょう。
ネットなら口コミなども見つけることも出来ますし自分の身近にいる専門家を探すことも可能となってくるのです。

 

借金相談を法律事務所にするときのポイント

 

借金相談

 

借金相談をする際に弁護士がいる法律事務所に依頼をする時にはいくつかのチェックしておきたいポイントがあります。
基本的には自分自身が信頼できると感じる人に依頼をすることがベストなのですが、以下のような点に関してはいずれにしても気にしておきたいポイントとなります。
法律事務所に最初に行く際にはまだ依頼をしているわけではありません。
借金相談をしている段階です。この時点では今どきはほとんどの事務所は無料で受けてくれます。
しかし、例外ないとも言えません。
有料となっていないかどうかは確認しておきたいところです。
借金相談をしていく中で債務整理をするという方向性になった時には正式に依頼をすることになります。
その際には費用がかかってくることになります。
どのような料金体系になっているのかをしっかりと確認しましょう。
明確な料金体系が出来ていない事務所は止めておいたほうが良いでしょう。
これは最初に必要となる着手金も同じことが言えます。
着手金は無料の事務所も存在しますし高額な費用を請求されることもありますので確認を怠らないようにしましょう。
また、債務整理の実績が豊富なところに頼むほうが良いですし、所属しているスタッフの数も多いほうが手続きがスムーズに行えますのでこの点も気に留めておきたいところです。
必要な費用は債務整理の方法によっても違ってきますが費用は分割で払える事務所を選ぶべきです。
借金で悩んでいる人が一括で払えるとは思えないからです。
払えるお金が手元にないと思ってもとにかく借金相談だけでも受けてみましょう。

良い手立てが見つかる可能性が大なのです。

 

借金相談を法律事務所にするメリット

 

借金相談

 

借金相談をするということはとても気が引けるものです。
特に身内や友人などには話したくても気が引ける人も多いと言います。
でも、弁護士などがいる法律事務所で借金相談をするのであれば包み隠さず全てを話さなくてはいけません。
それをすることで始めて平穏な生活を取り戻すことが出来るのです。
法律事務所に借金相談をするメリットは一言で言うと普通の生活に戻ることが出来るということです。
具体的には借金を減額することができたり全くナシにすることも出来るということです。
どのような結果になるのかはどんな債務整理をするかで変わってきます。
過払い金が回収できる、或いは気が付かなかった過払い金を見つけることが出来るというメリットもあります。
専門家に依頼をすることで手続きも簡単にスムーズに行えることが出来るのです。
借金相談をする人の中にはただ単に借金が払えないというだけでなく執拗な取り立てに悩んでいる人も数多くいます。
銀行や消費者金融だけでなく闇金に手を出してしまっている人もいるのです。
しかし、債務整理を行うこととなるとそうした取り立ては無縁になります。
弁護士から貸金業者に通知が行き一切の取り立てが出来なくなるからです。
このように借金相談を法律事務所に行うことは大きなメリットが存在しています。
借金で悩んで一人で抱え込んでいるようなことはもう止めて、すぐにでも法律事務所に相談に行くべきなのです。
長引かすよりも早期解決のほうが傷も浅くて済むというものです。

 

借金相談をすると仕事に影響が出る?

 

借金相談

 

借金の悩みはそう簡単に誰にでも相談できるものでもありません。
家族にも簡単に相談できないのですから弁護士などに借金相談をするのは勇気のいることでしょう。でも、
行動を起こさないと何も解決はしませんし泥沼にハマっていく可能性もあるので早期に借金相談をできればできるほど有利に事が運ぶと考えておきましょう。
ただ、気になるのは借金相談をすることで仕事に影響が出ないだろかということです。
もちろん、相談をした程度では誰にもわかることではありませんし気にすることもないでしょう。
債務整理をすることとなったらどうでしょうか。
基本的には任意整理などでは会社にばれるようなこともないでしょうし、仮にばれてもそれでクビになるようなことはないと思って良いでしょう。
一つ気を付けておきたいのは債務整理の中でも自己破産です。
自己破産も基本的には人知れず行うことも可能ですし、何ごともなく過すこともできるでしょう。
しかし、特定の仕事に就いている人は一定の期間において資格が停止となるので仕事に支障を来す恐れがあります。
公認会計士や警備員や宅地建物取引主任者や生命保険の外交員などです。
特に資格を有していない普通のサラーマンは何ら影響がないのですが、これらの職業の人は破産開始から免責許可が降りるまで資格を利用しての仕事は出来なくなります。
このような時は職場に相談をしないと仕方がないでしょう。
黙っていて普通に業務を遂行して後でばれると会社にも迷惑のかかることになるので注意しましょう。

 

借金相談と家族への影響

 

借金相談

 

思い切って借金相談を司法書士や弁護士にした際に、結果的には債務整理をしたほうが良いだろうという事となった場合は気になるのは家族のことでしょう。
もちろん、これからの生活のことも気にかかって当然ですが、債務整理を行ったことで家族に何らかの迷惑が行くのであれば躊躇してしまうこととなります。
たとえば、自分が債務整理を行ったことで家族も借金をすることが出来なくなったり、クレジットカードなどの作成が出来なくなるのではないかというような心配をしてしまうのです。
つまり、自分が債務整理をすることで家族の社会的な信用も落ちてしまわないかと気になってしまうのです。
しかし、この心配は無用だと考えてよいでしょう。
債務整理はそれが任意整理でも自己破産でも基本的には自分自身の問題であって他の人である家族とは一切無縁のこととなります。
ですから、家族にはほぼ100%迷惑が掛かるようなことはないと理解しておいて良いでしょう。
ただし、借金を借りるときに家族が保証人となっているような場合は別です。
債務整理を行うと保証人に返済の義務が生じてしまうことになるので大なり小なり迷惑はかかることになります。
場合によっては保障人となっている家族も同じように債務整理をしなくてはいけなくなる可能性が出てきます。
詳しくは借金相談をしている司法書士や弁護士に聞いてみると良いでしょう。
保証人の問題を含めてもあれこれと悩む前に積極的に司法書士や弁護士に借金相談を早期にすることが大切なのです。

 

住宅ローンについての借金相談

 

借金相談

 

家を購入するという事は人生の中でも一大行事です。
大きな買い物ですし一生のうちでも一回しか経験しない人だってたくさんいることでしょう。
当然、家に対しての思い入れも深くなることだと思います。
石にしがみついてでも手放したくないと思っても当然でしょう。
借金を重ねていきいつのまにか多重債務に陥り身動きも取れないような状況になっても、なんとか家だけは守りたいものだから更に借金を工面しようとして泥沼にハマっていく人がいます。
借金相談を司法書士や弁護士にして債務整理をすると全ての財産を失うと思っている人が非常に多いからです。
債務整理をすると家も取られてしまうと思うわけです。
しかし、それは間違っています。
債務整理の中でも家を取られてしまうことになるのは自己破産だけです。
自己破産はすべての財産を没収されますので仕方がないのですが、それ以外の債務整理だと家を手放さなくても手続きを行うことは可能となっているのです。
大切なのは素人が勝手に判断をしないことです。
大きな借金があるからと言っても必ずしも自己破産をしないといけないことはないのです。
自己破産という方法を取らずに家を残して借金の整理をすることも可能なのです。
とにかく勝手な判断を自分でしないで司法書士や弁護士に借金相談をしてみることです。
借金相談を専門家に行うことで素人ではわからなかった方法をきっと提案されるでしょう。
家を大切に思うのなら状況をさらに悪化させる前に専門家に無料相談をしてみましょう。

 

闇金に関しての借金相談

 

借金相談

 

誰しも借金をしだした頃は少額で取引をしている業者も1社だけでしょう。
ところが、簡単に借金をするという事が可能だとわかると借金の額も増えて、そのうちに何社からも借金をすることとなってしまいます。
返済が出来ているうちは良いのですが、次第に自分の返済能力以上に借りてしまうことになり借金を返済をすることに四苦八苦してしまうことになります。
返済をするために新たに借金を重ねることを繰り返してしまうのです。
いわゆる多重債務です。
最終的にはどこからも借り入れをすることも出来なくなってきます。
総量規制もありますし、いずれ上限いっぱいになって借りることも出来なくなるのです。
多重債務者はそんな時でも何とかしようと借りられるところはないかと探しまくることになります。
ある時、審査がダメだった人やどこからも貸してもらえない人でも必ず貸しますなどというチラシなどに目が行くようになります。
これらは絶対に近寄ってはいけません。
ほぼ闇金だと考えて間違いがないでしょう。
近寄って話をよくよく聞いてみると恐ろしいほどの金利がかかる仕組みになっているのです。
冷静でいられない多重債務者はそれでも手を出してしまう人が多いのですが、闇金に手を出すくらいなら司法書士や弁護士に借金相談をしましょう。
そして債務整理をしたほうがよほどまともに後の人生設計を練ることが出来ます。
闇金は言うまでもなく違法です。
すでに手を出してしまっていてもとにかく借金相談をしましょう。

借金相談をして冷静になってみましょう。
まともに判断すればどの方法が一番良いのかよく理解できるはずです。

 

最近の借金相談事情

 

借金相談

 

借金をして返済に困り弁護士などの元へ借金相談に訪れる人の多くは多重債務である場合が多いようです。
近年はテレビのCMなどでもしきりに過払い金の宣伝が流れているので借金相談をするには弁護士や司法書士のところに行けばよいのだという事は昔に比べると理解が進んでいるようです。
借金の取り立てということを見ても状況は随分と変化してきました。
昔のように貸金業者が返済が滞ると執拗な取り立てを行い、返済が終わるまでは死ぬまで追ってくるようなこともなくなっています。
特に消費者金融に関してはかなりの数が淘汰され残っているのは大手や中堅クラスばかりとなっています。
大手に関しては多くが銀行の傘下に入ったという事も影響しているのでしょう。
多重債務自体も昔よりは減る傾向にあるようです。
総量規制が実施されるようになったことが大きいようです。
年収の3分の1以下しか借金をすることができなくなったので効果を発揮しているのだと思われます。
金利に関する法律もしっかりと見直され上限金利が明確になり違法な金利での貸し出しがほぼできなくなったのも大きな要素なのです。
それでも、借金苦で悩む人は存在しています。
闇金も存在しています。
お金に悩むことは誰しもあるものです。
借金で悩みだしたら一人で抱え込まずに司法書士や弁護士に借金相談をしましょう。
法律も改定され多重債務などは生まれにくくなっていますが、お金を借りまくるのは問題です。
借金をするにしても必要最小限しか利用しないことを肝に銘じて行動をしましょう。

 

借金相談から始まるストレスのない暮らし

 

借金相談

 

借金をして悩んでいて返済することも滞りがちになってしまったら、毎日が嫌になるでしょう。
仕事以外にもストレスを抱えながら生きて行かなくてはいけません。
その状態が何年も続くようなことになると、もはや何のために生きているのかわからなくもなってきます。
返済を繰り返しても一向に借金の完済が出来ない状態が続くのです。
そうなってしまったら、迷わずに司法書士や弁護士に借金相談をするようにしましょう。
借金の専門家に相談をすることでストレスのない平和な生活を再び送ることが出来るのです。
借金相談をすると場合によっては債務整理を行うことになるでしょう。
債務整理は基本的には他人に迷惑をかけることなく人知れず行うことが可能です。
債務整理の手続きに入ると借金の返済も一時的に止まります。
どのような債務整理をするかですべての借金が消えるのか、かなりの減額になって返済が始まるのか分かれますが現状の悪夢のような生活からは解放されることになります。
思い悩んで借金を繰り返していつ終わるのかわからないような返済を続けているよりもずっと建設的な生活を求めていくことができるようになるのです。
借金で苦しむことになったのはもちろん自分のせいです。
だったら二度と同じことを繰り返さないように改心して新たな人生を送ればよいのです。
お金で失敗してもやり直すことが出来る権利があるのです。
借金相談をすることでストレスのない希望の持てる生活をもう一度始めることができるのです。